冠婚葬祭のときに利用できる専門業者などの紹介

プロに依頼する

社会問題化している現状

高齢化の急速な進展と核家族化により、昨今遺品整理が社会問題化しています。 これまでは故人の家または部屋の片付け、清掃、不要品の処分などは遺族の手によって行われることが一般的でしたが、時間や労力そして地理的な問題で今では遺族だけでは支えきれなくなっているのが現状です。 こうした背景を基に、事業者も年々増えていますが、法整備が整っていないこともあり、不要品を不法投棄したり、不当な高額請求をする業者が後を絶しません。 2030年には超高齢化社会となり50歳以上の男性の内、3人に1人は未婚者となる、または高齢者の2人に1人は孤立死をする可能性があるという推測も内閣府より出ており、今後ますます遺品整理が社会の大きな問題となることが予想されます。

遺品整理業者に依頼する

遺品整理が社会問題化するにつれ、徐々に遺品整理士という資格が注目を集めるようになってきました。ただ遺品を整理するだけではなく、「古物営業法」「廃棄物処理法」「家電リサイクル法」「小型家電リサイクル法」「運送法」などの法規定に基づく法令遵守の姿勢や遺族への配慮を欠かすことができない遺品整理士は、行政を巻き込んで社会問題となった遺品整理に取り組もうとしています。 実際に遺品整理をする際には、このような遺品整理士に依頼することも一つの方法です。依頼をする際には、資格を有しているか、見積りはきちんと出してくれるか、要望などを聞く姿勢があるかなどを確認することが重要です。 一般社団法人遺品整理士認定協会などでは依頼の受付け、信頼できる業者の紹介なども行っていますので、一度問い合わせをしてみるのもいいかもしれません。

Copyright (c) 2015 冠婚葬祭のときに利用できる専門業者などの紹介 all reserved.